トップ / 学校の選ぶポイントに関して

小学校の選び方と子供の個性

小学校進学するにあたり、公立でも私立でも子供の個性を引き出してくれるところ望ましいと思っている方も多いのではないでしょうか。選び方として、たとえ公立でも最近では指定区域外からの子供を受け入れている所もあり、越境して通っている子供も多くいます。なぜ越境するのかと言えばクラブ活動が盛んだったり、同じ公立でも教育内容が良かったりと様々です。子供の性格や教育方針に共感できるというのであれば越境も良いかも知れません。また学校で比べた場合、私立は設備が良いのはもちろんですが、独自の授業を展開している所が殆どです。どちらにしろ子供が望み、親が共感できるのであればきっと子供にとって良い所になります。

学校,カラコン

学校選びで意識すること

学校を選ぶ際にはまず、雰囲気を把握しておく必要があります。オープンキャンパスや学園祭などで事前に調べておくと良いでしょう。義務教育の間の市立では、学区などで選べないこともありますが、受験するという選択も考えられます。選び方は、雰囲気だけでは決められません。入学試験というものに合格しなくてはいけないからです。自分の実力に合う学校や授業料との兼ね合いも問題になるでしょう。高望みして運よく合格しても、その後の授業についていけないとか、逆にレベル重視で選んだので勉強意欲が湧かないということも可能性も考えられます。

↑PAGE TOP